外国人と仕事をする難しさ

まだ私がサラリーマンをやっていた頃、副業で儲けようと思い立ち、とあるウェブサービスを作る計画を立てました。しかし、やっぱり本業が忙しく、サイト制作する時間がありません。

そこで、ITビジネスをやっている先輩に相談すると、オリジナルのCMSを作ってくれるのに格安の制作費で作ってくれるという、韓国人が営む制作会社を紹介されました。 実際、先輩もそこを使ってサイトを制作しているということもあって、信頼がおけると思ったのですが、それが後にトラブルになるなんて・・・・・・。

言葉の壁と納期の遅れ

相手は韓国人、当然ながら日本語は半分ぐらいしか通じません。それなら英語でと思っても、英語が通じるのも半分程度。そのため契約書を結ぶことはなく、それでは一括での支払いはさすがに危ないので、作業の進行度合いを確認しながら分割で毎月お金を支払うことになりました。

しかし、毎月予定していた作業はまったく無視されることが多く、相手の言い訳といえば言葉が通じなかったの一点張り。ならば、修正などをわかりやすくPDFで作っても、それでもきっちり直ることはまれでした。韓国人と仕事をする難しさをイヤというほど感じましたが、前金も払っているし、今更後には引けないので、引き続きお願いすることに。

待ちに待って完成したけれど・・・

約束の三ヶ月を過ぎてもサイトは出来上がらず、ストレスを感じながらもなんとか作業が進み、半年後、ようやくサイトが完成しました。納期が遅れること三ヶ月でしたが、制作費は当初の約束通り全部で35万円ほど支払いました。

しかし、完成してからがまた、発狂しそうな出来事の連続。作ったサイトを指定したサーバーにアップしてもらう約束となっていたのですが、いつまで経ってもサーバーにサイトがアップされません。 業を煮やし、韓国人の制作会社に乗り込むと、我が耳を疑いました。なんと「制作費を安くしたのだから、毎月の管理費を10万ほしい」ということ。それは話が違うと、大揉めに揉めました。私が自分で管理をしやすいようにオリジナルのCMSを発注したのに、今頃になって、管理費を要求するなんて筋違いもほどがあります。あまりのことで怒り心頭になってしまい、これは許せないと訴える準備までしましたが、先輩が間に入って、なんとか当初の約束通りに決着。契約書をしっかりと結ばなかった自分がいけないのですが、先輩の話を鵜呑みにした自分の浅薄さに、本当に自己嫌悪になりました。

結局そのサイトはお蔵入りに

先輩が間に入ったことで、その数日後、ようやく指定したサーバーにサイトがアップされました。 しかし、フタを開けてみると、CMSは間違いだらけ、肝心のところが動かず、まったく使い物になりません。

サーバーにアップする前にわざといじくったのか、それとも作ったはいいけれど動作確認をしていないのかはわかりませんが、とにかく使い物にならない状態。 結局、そのサイトで使えるものは何一つ無く、35万円をドブに捨てたも同然、生まれて初めて殺意を覚えた瞬間でした。 副業をするどころか、一円も稼ぐ前にトラブルで副業を断念することになるなんて・・・。

効率よく副業をするために

最初から大失敗してしまったわたしだからこそ、思うことがあります。 副業は、自分一人で地道に続けるから副業になるのであって、いきなり大それたことをやっても絶対にうまくいきません。 それこそアルバイトをするだとか、ブログでアフィリエイトをするだとか、サラリーマンならそういった身の丈にあった副業で稼いでいかないと、うまくいかないと思います。 やはり地道にコツコツやるのが一番ですし、時間が掛かってもサイトを自分で作れば、少しは収入になったはずですから。 くれぐれも自分の能力に見合った副業をするようにしてくださいね!